« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.30

小田実さん逝去

 小田実さんが亡くなられた。

 ― 志半ば ―
 月並みな言葉でしかないものの、今はそれしかでてこない。

 年金問題が大きな争点とされた昨日の参議院選挙は、安倍政権に大きな痛手を与えた。年金問題に霞んだ感がなきにしもあらずではあるが、それでも、憲法改正や集団的自衛権の行使などをもくろむ安倍首相の思いが、独り善がりであったことを示すものでもあった。
 このことを知った上で、小田さんは旅立たれたのだろうか。

 大切な柱を無くしてしまったが、彼の意志は生きている。
 9条を守るために、さらなる運動を、行動を起していこう。

 小田実さんのご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.24

カヌーな(?)日々(集団的自衛権)

 先週末、カヌーの大会が行われました。Kayak3

 往路の土曜日は、午後から吹き出した風と、ときおり強くなる雨足に、ただただ翻弄されるばかり。まるで憲法改正の声にさらされる九条の会のごとく?…

 しかし翌日は、往路の天気がまるで嘘のような快晴。晴れわたった空の下、最高の条件のなかで帰ってきました。

 復路の日曜日。のんびりと漕ぐ参加者の姿を見ながら、フトこんなことを思いました。

 集団的自衛権を行使できるようにしよう、という声が大きくなっている。そしてその理由はこうです。
 「日本の安全のためには、日米同盟をより強固なものにしなければなならい」
 「もし、アメリカの艦艇が攻撃を受けた時、同じところに海自の艦艇がいたとすれば、見過ごすわけにはいかな」
 「明らかにアメリカを攻撃するミサイルを確認できた場合、日米同盟を考えればそれを打ち落とし、アメリカへの危険を回避することが日本の安全につながる」

 集団的自衛権を云々する人々は、そこまでしか言いません。しかし、よくよく考えれば、そこまでで終るはずがないことは、火を見るより明らかです。

 某国がアメリカに向かってミサイルを発射した。某国がアメリカの艦艇を攻撃した。日本はアメリカのために、ミサイルを打ち落とす。攻撃をしかけた某国の艦艇(や航空機など)に反撃を加える。

 こうした日本の行動を、某国は黙って見ているでしょうか。
 『アメリカへの攻撃であって、日本への攻撃ではないが、日米同盟の立場から日本がミサイルを打ち落とすのも、まあこれはしかたない』なんていう、そんな寛容な態度で終るでしょうか?

 だれがどう考えても、きっとこうなるはずです。
 『わが国はアメリカを攻撃したのであって、日本を攻撃したわけではない。にも関わらず、日本はわが国を攻撃した。これは明らかな宣戦布告である。したがってわが国は、アメリカ同様、日本にも直ちに攻撃を行う』と。

 そうなればもう、今度は自衛権の行使とばかりに、某国への報復攻撃となります。『戦争』の始まりです。

 集団的自衛権を行使しすることが日本の安全を守る、というのは空想、妄想の類でしかありません。戦争ができる国にしようと企む人達の、結果を隠した上での甘言でしかありません。Kayak2

 カヌーな(?)日々。
 のどかな天気のなか、のんびりとカヌーを漕ぐ。海で遊ぶ。
 そんな日が、いつまでも続くことを願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.12

9条の会みえネットワーク会議

 参議院選挙が始まりました。
 当会だけでなく、どの九条の会も、思いは同じでしょう。
 投票を通じて「9条改正(悪)、阻止!」

 だからといって、「○○党を、○○候補を、応援しよう」とは言いません。

 年金、教育、財政(税金、消費税)、格差社会、政治資金、天下り、etc…。
 考えれば考えるほど、思えば思うほど、実に多くの問題が山積しています。

 会としては『改正阻止を第一に』なのですが、個々人の立場にしてみれば、選択肢は実にたくさんです。
 それゆえ、一人ひとりの断基準を尊重することが重要であって、特定の「誰か」といったことを持ち出すのは不適切ではないか、と思っています。

 長い前置きはさておき、肝心な会議の案内です。

==============================

 『九条の会みえネットワーク』会議

時:
7月29日(日) 13:00~
所:アスト津

※ 投票日と重なってしまいました。会議はできるだけ早く終るつもりですが、期日前投票、あるいは、近隣の方であれば朝から投票などしていただければ…。
 投票は20時(地域により早いところも)までですから、会議終了後でも十分、間に合うとは思いますが、一応、念のために。

==============================

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.07.01

しかたない?…

 慰安婦問題について「日本政府は謝罪しろ」とのアメリカ議会(下院委員会)に対し、いつもなら(国営の)慰安婦や強制労働なんてなかったと言い張る一部の人達(例えば、軍歌を大音量で流している団体など)からは、殆ど反論が聞こえてこない。
 なるほど、アメリカの言うことに、文句は言えない「しかたない?…」 

 集団自決は軍の強要ではなく、ただ沖縄県民の意志だったのだから、教科書に「軍の強要」などと載せてはいけない、と文科省。
 なるほど、何せ元軍人が裁判をおこし、関与はなかったと係争中なのだから「しかたない?…」

 アメリカが原爆を落としたことは、それで戦争が早く終わったと思えば「しかたない?…」
 なるほど、さすが地元、長崎の、原爆被害を知る防衛省長官だけに、説得力がある?

 アメリカを狙ったと思われるミサイルを、MDで打ち落とすのは、日米同盟を考えれば「しかたない?…」
 なるほど、でも、打ち落とした後「報復として、こちらにミサイルを打ち込まれるかも」なんて、考えない?…

 憲法は、公布からもう61年も経つ。古び、廃れ、もはや現実に合わなくなったので、直すのも「しかたない?…」
 なるほど、それはつまり、人間だったら、還暦以上の人達は、現実に則さないので、用なし、御用済み、ということなんだ?

 しかたない…、しかたない。
 戦争する国できる国、アメリカを守るための「美しい国」、そんな国を造るため、憲法九条を変えなくちゃ「しかたない?…」

 しかたない…、しかたない?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »