« ターミネーター、イラクへ | トップページ | 憲法九条と現状の乖離 »

2005.02.14

各地九条の会(津、伊勢)から

thu050211-1講演会報告
 2月11日金曜日。『九条の会・津』主催による講演会が、三重県教育文化会館(津市)において、成澤さん(みえ九条の会)を講師に、参加者約120名ほどで行なわれました。

 「戦争か平和か 有事法制と九条の会の意義」と題して、今の日本をリアルに考え、語るという、憲法の包括的な紹介から、さらに一歩、踏み越えた内容でした。

 94年政治改革により小選挙区制が導入されたことで、国民の少数意見が汲み上げられなくなってしまったことが、憲法改正に向かっている今の現状を引き起こしてしまったという分析。そして、自民党の改憲案は、憲法が政府の権力行使を規制する、という近代憲法そのもののコンセプトを逸脱したものであるという指摘がありました。
 このような改憲案がそのまま通ることはないでしょうが、明らかに『国民を統制する』という意図が見て取れるのです。
thu050211-2 世界戦略に加担する形での、集団的自衛権の行使、周辺事態法、有事法制と国民保護法。九条改正に向け、外堀が徐々に埋められつつあります。

 九条を守るためには、一人でも多くの市民が協力して行くことが非常に重要だと痛感した講演会でした。
 ちなみに、『九条の会・津』は呼びかけ人、賛同人、合わせて1,000名を超えているようです。

*********************************************************************************************

いせ九条の会 公開学習会のお知らせ
 いせ九条の会では、「憲法9条入門講座」~あなたも九条の語り部になれる~、をテーマに公開学習会を開催します。

と き:2005年2月19日(土) 13:30~15:30
ところ:生涯学習センター・いせトピア
    3F研修室1・2
内 容:人類史の中の憲法九条
講 師:河崎久弥さん

詳細は、こちらのPDFファイルにて

|

« ターミネーター、イラクへ | トップページ | 憲法九条と現状の乖離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20410/2928047

この記事へのトラックバック一覧です: 各地九条の会(津、伊勢)から:

« ターミネーター、イラクへ | トップページ | 憲法九条と現状の乖離 »